今日もいちにち制作。

私は森を。夫は椿を。

夫はもうすぐNew Jewelry2011というジュエリーのイベントに出展するので、必死に制作しております。
 
b0240382_03197.jpg
糸鋸で銀の板を切ったり、磨いたり、鉄工やすりでやすったり、紙やすりでやすったり、やすったり…

あんまり長いことやすってるので、横でそのようすをスケッチしてみました。

# by yukotakada-work | 2011-11-26 23:36 | Comments(2)

去年も、一昨年も、その前の年にも描いたので、もう今年はやめておこうと思っていたのだけれど…

窓の外に咲き乱れるつわぶきがあんまり綺麗で、思わず今日も描いてしまっています。

ああ今年もきれいだなあ…

まだ途中です。b0240382_22383721.jpg

# by yukotakada-work | 2011-11-25 22:39 | Comments(2)

あさ、裏庭のつわぶきにとても綺麗な蝶がいた。

“あああ!あさぎまだら??”

おおおー、これがうわさの。
一輪だけ咲いたつわぶきの花にとても優雅に翅をひろげて、アサギマダラがとまっていた。

なんて美しいいきものだろう。

ここは桃源郷かな、と思った。
b0240382_23343324.jpg

# by yukotakada-work | 2011-11-24 23:24 | Comments(0)

まいにち手紙を書いています。

今年の個展のDM。
毎年1,000通近くDMを書いているのですが、今年は屋久島島内で観てくれる方々が急にたくさんになって、書くのが追いつかず、事後報告になってすごく申し訳ないのですが屋久島の方には今、必死で書いています…。

ほんとうにたくさんの方々に支えられて、自分が今、こうして描くことができること。
はじめての個展から11年、ストリートをはじめた頃からは12年ものあいだ、ずっと観て下さっている方、そのあいだのどこかで観てくださった方、屋久島で作品を知ってくださった方、ほんとうにほんとうにありがとうございます。
心から、感謝しています。

私には描くことしかできませんが、少しずつ、少しずつ、私が与えてもらったものを、与えてもらっているものを返していきたいと思っています。

描いたものを観て、誰かが少しでも元気になってくれたり、幸せな気持ちになってくれたりしたら最高です。
b0240382_230363.jpg

# by yukotakada-work | 2011-11-23 22:52 | Comments(2)

午後、栗生の郵便局へ。

左にずっと海を眺めていたら、いつの間にか冬の色をしていた。

重くたちこめた濃いグレーの雲、同じようないろの海。
その合間に、筆で刷いたような淡い光の筋が幾重にも重なって、つづいていく。

屋久島の冬の、この色がとても好きだ。

鮮やかに浮かびあがるひかりのライン。

ひかりのかたちがはっきりと目にみえるためには、かなり暗くなくちゃいけない。
まわりが暗ければ暗いほど、ひかりのかたちがみえる。
薄明かりのようなものを描くとき、そのまわりをもうほとんど黒かっていうくらいの濃色を使わなければならないことにいつもいつも驚いてしまう。
それなのに明るくみえることにも。

絶妙なバランスで成り立っている美しい光景は、奇跡のようだと思う。
b0240382_022168.jpg

# by yukotakada-work | 2011-11-22 23:42 | Comments(0)

信じられないくらい美しい鳥をみた。

お昼過ぎ、湯泊の郵便局に切手とレターパックを買いに出かけて、たくさんのお手紙を投函して、そして戻ってきたら、駐車場にしている草むらにその鳥がいた。

あんまり鮮やかなので置物とか誰かが置いてったのかなと迷わず思ったのだけど…

“あ!動いたよ!”
“ええええええっっ??”

生きててものすごくびっくりした。
こんなにも美しい生きものがこんなところにいていいのか??

孔雀のような美しいグリーンから黄へのグラデーション、真っ青な首、目のさめるような鮮やかな赤い頭、いつもの草むらが何だかとても特別な場所にみえた。

ものすごくいいことありそう。
b0240382_22182546.jpg

# by yukotakada-work | 2011-11-21 22:12 | Comments(2)

10月末に一ヶ月半ぶりに屋久島に帰ってきて、なにかとバタバタしてましたが、そろそろゆっくりと制作をはじめます。

とりあえずちいさな作品から。

久しぶりに森を描きたいです。
なんとなく下書き。

b0240382_236165.jpg

# by yukotakada-work | 2011-11-20 23:08 | Comments(0)