今日はNew Jewelry 2011二日目で最終日。

今日も朝からたくさんの人々でギャラリーが混み合う。

屋久島つながりでいらしてくださった方、東京にいる昔からの友人たち、屋久島で知り合った新しい東京の友人たち、そして関東のお客様、懐かしかったり、久しぶりだったり、屋久島ぶりだったり、とても楽しいひとときを過ごせました。

ほんとうにありがとうございます!!

夕方、にわかに目の前のお客様方がざわざわして、どうしたのかなと思っていたら、

“うしろ!夕焼けがとっても綺麗ですよ!!”

背後の奥まった壁の向こうの大きな窓をのぞくと、ものすごく美しいグラデーションが広がっていた。

屋久島にいてもなかなかみられないような完璧な夕焼け。
この東京にいても、屋久島にいても、大阪でも福井でも北海道でも、頭上にはいつでも等しく、美しい夕焼けをみることができる。
b0240382_21414840.jpg

# by yukotakada-work | 2011-12-04 23:11 | Comments(2)

“New Jewelry 2011”初日、ものすごい人の量にびっくりする。
作家やブランドも35あるので、作家やスタッフだけでも賑やかな感じだったのが、はじまるとどんどんひとが増えていく。

ひとのパワーに圧倒され、あさは寒かったギャラリーが昼には汗ばむ程になった。

人ってすごくおもしろい。

今日いらして下さった方々、ほんとうにありがとうございました!!
b0240382_2222568.jpg

# by yukotakada-work | 2011-12-03 23:55 | Comments(0)

あさ、8時に家を出て一路空港へ向かう途中、尾之間あたりで急に携帯が鳴り出す。

いま?と思ってその登録していないけれど明らかに島の番号の電話をとると、それは空港からだった。

“今日ご予約されていた便の、欠航が決まりました。”
“ええええっ??”

空をみると、曇り空。
飛ばない??

まあ、でも自然には勝てない。
ということで次に早く東京に着ける案を調べてもらうと 、とりあえずトッピー(高速船)で鹿児島まで行って、そこからバスで鹿児島空港まで移動し、2時発の東京行きに乗る、というのが最速ですので、そのように手配しますと言われる。

そうか~じゃあそうしよう、と宮之浦へ向かい、ひさしぶりのトッピーに乗船。

ほとんど寝ていなかったため爆睡。

鹿児島港から鹿児島空港までの移動時間がギリギリなので、急いでくださいと云われていたので、船内でタクシーを予約して、これで安心と思っていたら、とんでもなかった!

港からエアポートリムジンバス乗り場まで移動中、運転手さんから道が混んでるから走ったほうが早いよと云われて、タクシーを降りて走る。

ギリギリバスに乗り込み、到着時間を尋ねると、なんとフライト10分前!

ええー?大丈夫?一応カウンターに電話を入れる。

空港に到着して、小走りでカウンターに滑り込み、手続きを済ませるとJAL職員の方が急ぎですので同行します!と言った後、先陣を切って走り出した。

びっくりするほどのスピード、全力疾走でふたり、追いかける。

エスカレーターをかけ登り、フロアを走り抜けて、障害物競争のようにゲートをくぐり、バトンのように手荷物を受け取って、さらに乗り場までの距離をひた走る。

息を切らしながらお礼を言って飛行機に乗り込んだとき、きっちり2時だった。

それにしてもあのお姉さん、足速かったねとかまだゼイゼイいいながらふたり愉快な気分になっていると、機内の大画面が唐突に12星座占い、を映し出した。

なんと一位蠍座!

“おおー!!(夫蠍座です)”

二位、まさかの双子座!!(私です)

なんか絶対いいことあるなあ
b0240382_2272690.jpg

# by yukotakada-work | 2011-12-02 22:13 | Comments(5)

今日はあさから荷物やポストカードなど準備。

昼過ぎに離島カードというものをつくりに行く。
正しくは鹿児島離島航空割引カード。

屋久島に住んで2年半、今更?という感じかもですが、主に行き来してる大阪へはJALから直行便が出てて、この直行便には島民割引とかないのです。

時間がかかるのかなと思いきや、15分くらいでできますよ、と言われる。
スムーズにいろんな雑用をこなし、夕方La tableに立ち寄る。

ここでまたしても爆発!

もういろんな楽しみすぎる未来がどんどん浮かんで、Iちゃんと夫と3人、ものすごく盛り上がってしまう。

森の美術館、みたいなものがいつかやりたいです。

屋久島のみどりのなか、ゆったりと作品をみてもらえるような場所をつくりたいなあ…
b0240382_019193.jpg

# by yukotakada-work | 2011-12-01 23:50 | Comments(4)

今日は引き続き苔を描く。

アラハシラガゴケにうっとりし、やっぱりヒロハヒノキゴケ大好きだなあとか思いながら、きのうの余韻のためとても幸せな気持ちでキャンバスに向かう。

そして羊歯を描いていたら、宅急便がきた。

待ってましたあ!
ずっと欲しかったrimowaのスーツケースと新しい本が届く。

屋久島では本州のどこからモノを買っても、大体3日か4日くらい待たなきゃいけなくて、でもそれに慣れたら、ちょっと気を抜いてるときにふいに届く感じが嬉しい。

うれしいなー大事にしよう。
少し早いけど何だかそわそわして、この空っぽのスーツケースになにかを詰めたくて、制作を中断していそいそと服などを詰めてみる。

愉しい~

我に返りまた制作。

ちょっと休憩、と油絵の具のついた手を拭いて、手を洗おうとキッチンにいくと、窓からすごい夕焼けがみえた。

暮れていく紺色の空に、鮮やかに浮かび上がるオレンジの雲。

b0240382_23424945.jpg
すごいなー、補色(反対の色)だなー、こんな色あわせ使わないなー。

もしこんな色をつかうなら、すごく勇気がいるなあと思ってしまうような色を、自然はいつでも大胆に、しかも完璧に美しくつかいこなしてしまうことに、いつも驚嘆し、なんだか幸せな気分になる。

# by yukotakada-work | 2011-11-30 23:43 | Comments(2)

今日はとてもとても嬉しいことがあった。

夫の東京での展示会を前に、あまりに中途半端な髪型を反省して、朝からふたり美容院へ。
尾之間への道の途中で、またキジに出会い、今日も何だかいいことありそうだなあと思う。

そして午後、いろいろな雑用も済ませて、うちに帰ってくると、ふいに大きな喜びが待っていた。

こんなことがあると、今日、この瞬間まで生きてきてほんとうによかったと心の底から感じる。
これまで描いてきて、画家になってほんとうによかったと。

Aさん、ほんとうにほんとうにありがとうございます。
b0240382_2258488.jpg

# by yukotakada-work | 2011-11-29 22:59 | Comments(2)

ひさしぶりに苔を描く。

個展前後、一ヶ月半くらいまとまった制作ができなかったので、あまりの細かさに少し指が慣れない。
でもまあ、明日くらいにはいい感じに動くかな。

屋久島で苔の世界に魅了されて、気を抜くと苔を描いてしまう。

こんなにもちいさいのに、すばらしく細部まで完璧につくられたかたち。
種類によっても、同じ種類のなかでもぜんぜん違う。

b0240382_1401185.jpgこんなにも違うものたちが集まって入り混じって、屋久島の森の地面を覆う。
どこまでいっても、無数の生きものたちの無数の緑色で埋め尽くされた世界。

気の遠くなるような多様さ。

その違いこそが、圧倒的な美しさをつくる。

# by yukotakada-work | 2011-11-28 23:48 | Comments(0)