今日は再び、トイレ工事の続き。

ほんとうは明日を予定していたのだけれど。大雨の予報になっていたので、ペンキを塗る予定だったため急遽繰上げ。
午前中からタイルを剥がしに行っていた夫が一旦帰ってきて、お昼ごはんにキーマカレーを食べてから一緒に出発。

午後2時半くらいから、まず何故か開いていた天井の穴を塞ぎ、今日塗る予定の窓枠と、天井まわりを徹底的に掃除。窓は取り外して庭の流し台でキクロンでごしごし洗う。
それを乾かしつつ、天井以外の壁を守る養生。
そして天井の板の隙間などをパテで地味に埋めていく。

なんだかんだで6時過ぎ。
向かいの渡辺商店さんでチョコレートを買って、グリーンティーを淹れてしばし休憩。
折りよくいくちゃんが買出しから戻ってきたのでお隣へ挨拶に。

その後、三人で手分けして、窓枠と、天井の際を塗る。途中休憩を挟んで一度塗り。
灯火になった私たちにいくちゃんがとっても美味しいうどんをつくってくれる。
あぁ幸せ~

もう一度塗ろうと思っていたら、すでに夜10時。
明日雨だけどもう明日にしよう。

# by yukotakada-work | 2012-01-14 23:24 | Comments(0)

一筆ずつ、確実に筆を進める。
 
絵を描いていてこういう時いつも思うのは、毎日とりあえず描き進めていけば、どんな作品もいつかは仕上がるということの凄さ。
果てしなく思える大きさのある作品も、続けていれば必ずかたちになるときが来る。

これは、経験上絶対にだ。

だからとにかく、全体がまだ見えてこない今は、ひたすら描き進めていく。

時間をかければ、絵は静かに生きてくる。
私の場合は。

# by yukotakada-work | 2012-01-13 23:49 | Comments(2)

今日はいちにち制作。

昨日の珍しい肉体労働のため全身筋肉痛をひきずりつつも、大きなキャンバスに向かう。

屋久島の海の青。
森の緑。山の上の黄緑。

少しずつ、かたちをとり続ける。

大きな作品は、はじめのかたちのとりはじめまでは勢いがあってすごく楽しいけれど、それを詰めていくはじめの頃が私にとっては一番パワーがいる。
なんだか果てしなく思えてしまって、たまにくじけそうになる瞬間があるのだ。
でもそれに負けずに、少しずつ少しずつ筆を進めていくと、数時間か、数日して、急に道が開けてくる瞬間というのも必ずある。

それが、ものすごく嬉しいのだ。
地味すぎて自分にしか分からない変化なのだけれども。

そういう、道が開ける瞬間というのが、絵を描いていくなかでの醍醐味なのかもしれない。

今日のところはまだ、見えない。
b0240382_0324641.jpg

# by yukotakada-work | 2012-01-12 23:25 | Comments(0)

今日は私たちのギャラリー+アトリエの、トイレを新しく改装するための工事をはじめるため、La tableへ。

朝から、もともとの壁のタイルを落とす作業。
ひたすら、タガネを左手に、金槌を右手に持って、タイルと壁の隙間を打って古いタイルを剥がしていく。
はじめたときは、上のほうのタイルが少しの力でおもしろいようにぽろぽろ取れて、
おおー、思ったよりももしかして簡単??
と浮き足立ったのだが、上三分の一ほどを落としたところで急に、がっちり接着剤が固まって隙間が少なくなってしまった。

なかなか進まない。

さくさく進んだ感じを捨てて、じっくりやっていかなくては…
二時間程で、私は力を使い果たしてしまい、あとは夫にまかせていくちゃんと二人、庭掃除をはじめる。

なんだかよく分からない藻みたいなものが地面のあちこちに生息している。
そのくろいものをひたすら除去。
この敷地には、苔がたくさん生えている。
そのなかに、ものすごくかわいいまるい朔をたくさん発見!

かわいい~

としばし見惚れる。

ほそくてうす茶色い枯れ草がたくさ散らばっているのもひたすら集める。
かわいい雑草がいっぱい、かわいい小さな花もいっぱい咲いている。

水仙の花の香りがとても清清しい。

ほうきを持つ手をとめて、ふとあたりを見渡すと、見違えるように緑が映える。
ああ、嬉しいなー、綺麗になっていく。

一心不乱に掃除をしていたら、Kくん夫妻がKくんの焙煎したコーヒー豆を差し入れにきてくれた。
なんて優しい。

3日待って、味が馴染んでから飲んでね、と何度も言ってくれてたにもかかわらず、その後3時過ぎにチョコレートとポテチを差し入れに持ってきてくれたRちゃんたちとともにありがたく頂きました。
すごく美味しかったです!
Kくんありがとうー!!

その後、木材屋さんで床板などを買い出して、暗くなるまで再びタイル剥がし。
帰る頃にはすでに腕が筋肉痛で、今もすごいです。

ものすごく!充実した一日でした。
よく眠れそう~。

# by yukotakada-work | 2012-01-11 23:20 | Comments(0)

今日は久しぶりの大きな作品の下塗りとラフ。

屋久島の緑。
目の前に広がる真っ白なキャンバスを緑で埋めていくのはすごく気持ちいい。

どんどん描く。
塗る。
気がついたら、二の腕が重い。
そう、下地づくりは意外と一番体力を使う。
たぶん、自分でペンキを塗ったり、左官をしたりしたことがある人には分かる、見た目以上の労働。
というか、完全に普段使わない筋肉なんだろうな。

いつもは、10時間とか描いてても平気なのに、下塗りは7時間くらいなのに沈没。

でも楽しかったー!
b0240382_232072.jpg

# by yukotakada-work | 2012-01-10 23:14 | Comments(0)

今年はじめての作品。
 
ひかりを、描く。
今の、晴れた3時過ぎの空と、海の美しさを観ていると、印象派の画家がどうしてあんなにたくさんの点描で風景を描いたのか、すごく腑に落ちる。

ただただ単に、彼らにとってそういう風にみえただけなのだ。
美しい淡いひかりは、観ているだけであたたかな気持ちになる。

知らないうちに微笑を誘う力がある。
b0240382_2038763.jpg

# by yukotakada-work | 2012-01-09 20:38 | Comments(2)

最近、年末年始でわりと普段より頻繁に外出していてよかったことがひとつ。

今の、この屋久島の、大体3時から4時くらいかな、そのくらいの時間の、晴れた日の空と海がとても綺麗。
印象派の絵画のように、いろんな色の色点が観えてきそうな、淡い、黄色とオレンジと薄いピンクと薄い水色。
限りなく優しいひかりのグラデーション。

ずっと眺めていたくなってしまうけれど、この時間の空の色の移り変わりはとても激しくて、すごく好きなこの色が観られるのはほとんど一瞬。
もう少し早ければもっとくっきりはっきり明るいし、もう少し遅いとすぐに西日のオレンジに変わってしまう。

その一瞬を何度も何度も眼に焼き付ける。
b0240382_2028138.jpg

# by yukotakada-work | 2012-01-08 23:18 | Comments(0)