今日はひたすら、奥の壁を塗る。

今はまだコンクリートブロックのこの壁面が、これから私の作品たちの場所になると思うと、愛おしくて少しずつ、ゼオライトを壁に乗せて伸ばして、均していく。

コンクリートブロックのもともとの壁自体に割と凹凸があるので、それを目立たなくさせつつ、ほんとうに微妙な盛り上がりの連続。
なんだか、完全な真っ平らではないので、ちょっと有機的な感じ、ゆらゆらして、突然なにかが出てきそうな感じ。

途中から何だか訳もなく楽しくなってきて、もくもくと作業を続けているうちに、夜中の一時近くになってしまう。
そして完成!

愛しい壁。

壁っていいなあ、と思う。
b0240382_23224665.jpg

by yukotakada-work | 2012-02-16 23:08 | Comments(0)