懐かしい作品に再会しました!

2004年作品、
“ミライ”

まだ屋久島を知らなくて、
想像で描いた、
小さな杉の芽と、それが生長した大きな杉の木。

今観ると、それなりに拙いところもあるけれど、
これを描いていた頃の必死な気持ちを思い出して、
なんだか胸が詰まりました。

何が自分らしい絵なのかまだまだ分からなくて、
苦しくて、
試行錯誤というよりは暗中模索というような感じで、
見つけた!と思ったら次の作品を書いていてまた分からなくなる、というような、今思うと信じられないような報われない努力を繰り返していました。

今は描くのがただ楽しくて、
何が出来てくるのかを無心に待てる
とても安定した報われることの多い日々で、
それはやっぱり自分が全力で探し求めていた、
描きたいものを見つけられたおかげなのだなと
改めて感謝という言葉では足りないくらいの感謝を、
屋久島と、昔の自分に捧げたい気持ちです。

まだ個展後の作品発送の日々ですが、
また屋久島に戻ったら、どんどん描こうと思います!

“ミライ”
2004年作品
油彩/キャンバス
910×727mm
b0240382_21120555.jpg

by yukotakada-work | 2018-10-22 21:17 | Comments(0)

<< ラジオ番組に出演してきました!    ギャラリー永井での最後の個展、... >>