冬の星空を描いた作品が完成しました!

わ〜嬉しいです!!

降ってくるような満天の星空を見上げていると、
果てしなくて、目が慣れるとどんどん細かい星まで見えてきて、
蠢くような無数の星々が途方もなく大きいだろうことに、
その寿命がとてもとても長かったりすることにも、圧倒されてしまいます。

その無力感がまたすごくよかったりして。

なんだかすっきりして、しんと気持ちが整うような。

世界は信じられないほど美しいです。

“星降る夜”
2018年
キャンバスに油彩
M15号/652×455mm
b0240382_22144454.jpg

by yukotakada-work | 2018-03-03 22:15 | Comments(0)

<< 山茶花愛。    明日からしずくギャラリーはじま... >>