夜を、描いています。

夜の感じ、夜、外で星空をずっとみている感じと、

森のなかにひとり歩いている感じ、

はなんだか似ている。

なんだろう、いろんな輪郭がぼやけて、
私の輪郭も曖昧になって、

夜に、森にとけていくような感じ。

自分がなくなるような怖さと、
おおきなものに繋がる圧倒的な安心感。

無、のようなすべてのような。

どうしてそんな風に感じられた後、
あんなにも心が軽くなるのか。

どんなものもリセットしてくれるような自然のちからは、
すごいし不思議だなあと思う。

そしてなによりもただただ、美しい。


そのようなものが、描きたい。

b0240382_22373459.jpg


b0240382_22403395.jpg


b0240382_1620910.jpg


b0240382_16211332.jpg

by yukotakada-work | 2014-02-26 22:42 | Comments(2)

Commented by f at 2014-03-13 02:17 x
この文章、すごく共感します。
至福を感じ、生きていることにただただ感謝です。
ありがとうございます。
Commented by yukotakada-work at 2014-03-20 21:37
fさん、こちらこそありがとうございます。

ほんとうに、今日、あることに感謝です。

<< 満月と星空を描く。    ひととのつながり >>