この一週間は、なんだか不思議だった。

週末には大阪からの、10年来のお客様で、友人のTちゃんと、
同じく大阪から、この5年程、親しくなったお客様で友人の、Sちゃんと、Yちゃんが、
雫ギャラリーまで来てくれた。

なんだかすごく、嬉しかった。

私が忘れかけていた、とても大切ななにかを、瞬間的に思い出させてくれる、再会だった。

個展にも来て下さったのだけれど、
この屋久島で、ゆっくり話して、

ああそうだ、そんな気持ちで、私は描きはじめたのだった!とか。

思い出したら、今の自分がまだまだ全然やれるなと、思った。

忙しくなり過ぎて、いっぱいいっぱいになることもたまに、あるのですが、
けれどそういう全てが、私が心の底から望んだことだったのだと、思い出した。

私はあんなにも、絵が、描きたかったのだ。



金曜日には、la tableのいくちゃんに、
月のひかりのみち”を届ける。

スーパームーンの夜、とくべつに明るいひかりのみち。

いくちゃんの未来がひかりに満たされますように…。

それから月曜日、
島を出るMちゃんのため、Aさんがお願いして下さっていた作品を届ける。


そうして同じ週末に、東京から大切な友人が雫ギャラリーに。

私にとってほんとうに大切な作品を、迎えに来て下さったのだ。

なんて幸せものなんだろう。
感動して、なんだかどきどきする。

それこそ12年前の私に、教えてあげたい。
いまはすごく大変かもしれないけど、こんなにも幸せなときが来るのだと。

人との、かけがえのない繋がりがこうやって時間をかけてつながって、
つながって、
そして支えられて、またつながっていく。

私が誰かを支えられることも、あるんだろうか。

つながって、支えるちからになりたいと思う。

by yukotakada-work | 2012-11-02 21:17 | Comments(0)

<< 足元の森、描きたい欲求。    ひさしぶりの制作、森のちいさな... >>