大切な友人が、屋久島を去る。

とても親しくしていたので、
いざとなるとものすごく寂しい。

とてもおおきな存在だったのだと、気づかされる。

そんな彼と、三人で、森へ。

とても、美しかった。

また、描きたくなった。

b0240382_22372044.jpg

by yukotakada-work | 2012-10-23 22:37 | Comments(0)

<< ひさしぶりの制作、森のちいさな...    谷川俊太郎さんの言葉。 >>