今日は久しぶりの大きな作品の下塗りとラフ。

屋久島の緑。
目の前に広がる真っ白なキャンバスを緑で埋めていくのはすごく気持ちいい。

どんどん描く。
塗る。
気がついたら、二の腕が重い。
そう、下地づくりは意外と一番体力を使う。
たぶん、自分でペンキを塗ったり、左官をしたりしたことがある人には分かる、見た目以上の労働。
というか、完全に普段使わない筋肉なんだろうな。

いつもは、10時間とか描いてても平気なのに、下塗りは7時間くらいなのに沈没。

でも楽しかったー!
b0240382_232072.jpg

by yukotakada-work | 2012-01-10 23:14 | Comments(0)

<< トイレ工事と庭掃除    ひかりの色 >>