今日は森の展示の点検と調整のため、ヤクスギランドへ。

かなりあたたかな日、油断していたら、山の上はとても冷たい空気。
道の脇に、解け残った雪。

でも冷たい空気の中、木々の色、葉のいろがものすごくくっきり、怖いほど鮮やかに目に飛び込んでくる。

植物は強いなあ、と改めて実感。

じっとしていたら凍えそうな空気の中、むしろ心地よさそうにより鮮やかに生きている。

この島に来れてよかった。
ここで、生きることができて、私はほんとうに幸せだと思う。
このさきいつか私が死んで、もしもう一度なにかに生まれ変われるなら…と馬鹿みたいに願う。

そうしたらこの森に生きる、一本の木になりたい。

by yukotakada-work | 2011-12-30 23:58 | Comments(2)

Commented by yuki8055 at 2012-01-01 00:37 x
そうしたらこの森に生きる、一本の木になりたい。

2012年、最初にこころが強く打たれたことばです。
わたしも大切な森をなす、ただ小さな一部になって、心地よく生きたいかも…。
じっとしていられるか、それがちょっとギモンですが。
Commented by yukotakada-work at 2012-01-01 16:19
yuki8055さん、あけましておめでとうございます!!

じっとしていられるか、それは私も少し疑問です(笑)が、たぶん考えることができるのは人間だけなので、きっと、世界の一部になって、ただ生きることができそうで。

森にいると、それがすごくしっくりくるような気がします。 

<< 大晦日    完成! >>