午後、栗生の郵便局へ。

左にずっと海を眺めていたら、いつの間にか冬の色をしていた。

重くたちこめた濃いグレーの雲、同じようないろの海。
その合間に、筆で刷いたような淡い光の筋が幾重にも重なって、つづいていく。

屋久島の冬の、この色がとても好きだ。

鮮やかに浮かびあがるひかりのライン。

ひかりのかたちがはっきりと目にみえるためには、かなり暗くなくちゃいけない。
まわりが暗ければ暗いほど、ひかりのかたちがみえる。
薄明かりのようなものを描くとき、そのまわりをもうほとんど黒かっていうくらいの濃色を使わなければならないことにいつもいつも驚いてしまう。
それなのに明るくみえることにも。

絶妙なバランスで成り立っている美しい光景は、奇跡のようだと思う。
b0240382_022168.jpg

[PR]

# by yukotakada-work | 2011-11-22 23:42 | Comments(0)

信じられないくらい美しい鳥をみた。

お昼過ぎ、湯泊の郵便局に切手とレターパックを買いに出かけて、たくさんのお手紙を投函して、そして戻ってきたら、駐車場にしている草むらにその鳥がいた。

あんまり鮮やかなので置物とか誰かが置いてったのかなと迷わず思ったのだけど…

“あ!動いたよ!”
“ええええええっっ??”

生きててものすごくびっくりした。
こんなにも美しい生きものがこんなところにいていいのか??

孔雀のような美しいグリーンから黄へのグラデーション、真っ青な首、目のさめるような鮮やかな赤い頭、いつもの草むらが何だかとても特別な場所にみえた。

ものすごくいいことありそう。
b0240382_22182546.jpg

[PR]

# by yukotakada-work | 2011-11-21 22:12 | Comments(2)

10月末に一ヶ月半ぶりに屋久島に帰ってきて、なにかとバタバタしてましたが、そろそろゆっくりと制作をはじめます。

とりあえずちいさな作品から。

久しぶりに森を描きたいです。
なんとなく下書き。

b0240382_236165.jpg
[PR]

# by yukotakada-work | 2011-11-20 23:08 | Comments(0)

屋久島の夜は深い。

遅い時間、とはいっても夜の9時とか10時とかに、集落の真ん中にあるポストに手紙を出しに行くと、真っ暗な闇と降るような星空と、音楽のような虫の音に、ときどきすごく怖くなる。

昔子供の頃に感じた夜と同じ。

怖いけど美しくて、家のなかとは全く違うのが不思議でおそるおそる外に出る。
真っ暗ななかにたくさんのいきものが蠢いている感じ。

目にみえない大きなちから。

b0240382_2343615.jpg

[PR]

# by yukotakada-work | 2011-11-19 22:40 | Comments(0)

両親とともに再び空港へ。

屋久島の旅を楽しんでもらえたみたいでとても嬉しい気分で家までの道のりを帰る途中、すごく空腹なのに突然気づいて、nomado cafeへ。
屋久島に移住して2年半、まさかのペーパードライバーなため、駐車にものすごくはらはらする。
地面に張られた目印のロープの線を著しく外れるも、何とか帰れそうなかたちで駐車。

微妙な駐車状態をとりあえず謝って、すごく美味しいランチを頂きながら外を眺めたら、赤い点々がみえた。

お母さんがこの旅行中、あの花かわいいねーといってた赤い花。
ハイビスカスの一種で、花が開かない種類らしくて、実のようにまあるい蕾がたくさん、島の南では意外とよく見かける。
たしかにかわいい。
ぼーっと眺めていたら、金魚のようにみえてきた。

b0240382_22372930.jpg

[PR]

# by yukotakada-work | 2011-11-18 22:38 | Comments(0)

b0240382_031529.jpg

今日は森を歩いて、里を歩いて、島を一周しました。

大川の滝に咲くつわぶきがとても綺麗。

花はすごいです。
完璧に美しくまっすぐに開くかたち。
惜しげもなく使い切られる力。
[PR]

# by yukotakada-work | 2011-11-17 23:05 | Comments(0)

今日、両親がはじめて、屋久島にやってきました。

とても気持ちの良い久しぶりの晴れの日。

海に跳ね返るひかりが美しくて、ずっとみていたくなりました。

 
b0240382_2342579.jpg

[PR]

# by yukotakada-work | 2011-11-16 23:25 | Comments(0)