今日から外壁の白セメント塗装!と、
意気揚々とお昼過ぎにギャラリー着。

“あれ?”
“あれれ…??”

屋久島の建材屋さんから、すでに届いているはずの白セメントの袋が見当たらない。

おかしいなあ、と電話をしてみると、

“ああ、多分今日中には行くと思いますよ~”

とのこと。
ええええっ??

多分?
今日中??
思います~???

……まあいっか。

屋久島に移住当初は、この島てきなアバウトさにいちいちイライラしてしまったりしてましたが、
そろそろ慣れました。

それではとりあえずできることから、と、
川に下りる石段の土をはらったり、
庭の木々の枯れ枝や枯葉を集めたり、
昨日大家さんが切ってくれたらしい大量のモンステラを移動させたりしてたら、
わりと寒い日であるのにもかかわらず、暑くなってくる。

敷地も広いし、全然手がまわっていないので、やれることはたくさんあるのだ。

Rくんが遊びに来てくれて、なぜか急に夫と連れ立って隣の竹林に入り、
二人してタケノコを持って帰ってくる。

おお~タケノコ採れるんだ!

そうこうしているうちに3時半頃、ようやく白セメントと白い砂が届く。

よし!やるか!と人生初のセメントを混ぜていたら、Kやんがかからん団子(よもぎもち)を差し入れてくれる。
嬉しい~!

工事中観てもらうのがはじめてだったので、いろいろ説明。

4時、いよいよ塗り開始!

遅めスタートだったので、一面は難しいかなあと言いつつ、
ひたすら塗る。

途中、やけに楽しくなったり、
ちょっとくじけそうになったりしながら、
9時前くらいまで塗る。

途中、Tさんが遊びに来てくれて、地図とジオラマを交換。
素敵なスカートをプレゼント!してくれる。
ありがとう~!!

一面の、半分くらいで終了。
寒すぎる。

でもなんかいい感じになりそうな気がしてきました!
b0240382_1192233.jpg

[PR]

by yukotakada-work | 2012-03-31 23:11 | Comments(0)

今日もひたすら内壁にゼオライトを塗っていく。

とてもいい天気。

私の持っている、集中力、根気、持続力に突然、心の底から感謝する。

それらは私がこれまで生きてきた時間のなかで、丁寧に注意深く、育ててきた宝だ。
自分がすでに持っているものの、貴さに気づくことは、素敵だ。

b0240382_23141615.jpg
[PR]

by yukotakada-work | 2012-03-30 23:14 | Comments(0)

今日は、久しぶりの工事。

ひさしぶりに、ゼオライトをひたすら塗る。
こうして少しずつ、ギャラリーが出来ていくことをこの手に感じられる幸せ!

途中、夫に大阪からのお客様。

彼は21歳で、ジュエリーの会社に就職が決まっていて、
でもいつかは好きな場所で、好きなことをやりたいという夢を持っている。

工事現場で日向ぼっこしながら、
“さいこーっすね!”
“僕も一緒にペンキ塗りたいっすわ~!!”
を連発。

何だかとてもまっすぐな目をして、きらきらしていた。

彼のようなまっすぐさ、が夢を叶える力になりうるのだと、感じた。
とても美しいものに触れた気がした。

そして自分のなかのそういうまっすぐさを、大切に大切にしていこうと思った。
いつでも全力で目の前のことに向かうこと。
b0240382_22491747.jpg
[PR]

by yukotakada-work | 2012-03-29 22:34 | Comments(0)

今日もひたすら制作。

描くのが楽しくてしょうがない、ことに気づいて、嬉しくなったりしながら描く。

今がたぶん、一番気持ちのよい季節。
家中の窓を開けて、爽やかな風を感じながらの制作。

ひかりが広がる。
鳥の声が聴こえる。

四時頃、携帯電話が鳴って、工事中の夫から呼び出し。
ペンキ塗りに出かける。

ギャラリーにて暗くなるまでペンキを塗る。
さっきまですごく細かい苔を描いていたので、ローラーでがしがし塗っていくのが堪えられない気持ちよさ。

この作品もギャラリー工事も終わりが見えてきた。

そしてそういう段階が何よりも、楽しい。
b0240382_2245731.jpg

[PR]

by yukotakada-work | 2012-03-28 22:40 | Comments(0)

屋久島のガイドブック二冊に掲載して頂いていること、
ようやくHPにアップして頂きました!

ブログで紹介してからもう三週間が過ぎ、段取りの悪さを反省しつつ…
詳しくは3月6日のブログと、3月8日のブログにて。

二冊とも、とても美しい本です。
よかったらぜひお手にとってみて下さい。
[PR]

by yukotakada-work | 2012-03-27 21:53 | Comments(0)

今日も制作。

葉っぱを描く。

枝を描く。

葉っぱを描く。

苔を描く。

木肌を描く。

いろいろなかたち。

いろいろな色。

世界は、不思議だ。

色なんてものも幻想に過ぎないのに、
そんなこと露ほども感じさせないほど完璧だ。

b0240382_23305864.jpg
[PR]

by yukotakada-work | 2012-03-26 23:32 | Comments(0)

昨日、張り切りすぎて全力を使い果たしたまではいいんだけれど、
そこからさらに頑張りすぎてしまったようで、
帰り着いたときにはもうふらふら。

寒い日だったこともあって、朝起きたら筋肉痛で風邪ぎみ。

今日も引き続き寒波のようだし、おとなしく制作をすることにする。

苔を描いたり、枝を描いたり、葉っぱを描いたりするいちにちでした。

b0240382_22551823.jpg

[PR]

by yukotakada-work | 2012-03-25 21:24 | Comments(0)

今日は朝からものすごい強風。

フェリーの欠航の放送が流れ、
こんなすごい天気なのに何故か今日は久しぶりに工事してみようかな、と出発。

すご強風なんだけどとてもいい天気なのだ。

外壁の塗り壁予定以外の部分のペンキ塗装。

脚立のいちばん高いところに乗って、刷毛を動かしつつ、
時折の強風に怯える。

すこしずつ、すっきりしていく外観をみるのは、楽しい。
b0240382_0571418.jpg

[PR]

by yukotakada-work | 2012-03-24 23:39 | Comments(0)

今日は朝から雨。

すごい勢いで、惜しみなく、どんどん降る。

思いついて、掃除をはじめる。
昨日の夜、本類と衣類を突然片付けて、何だかものすごくすっきりしたのだ。

ほんとうに大切なものだけを残すように心がけてから、少しずつ、人生がシンプルになってきているような気がする。

本棚を見ると、自分がどういう状態なのか、何が好きなのかよく分かる。
私はものすごく、本が好きだ。
安部公房、村上春樹、ドストエフスキー、アゴタ・クリストフの世界がすごく好きだ。

そうして私は服というものが好きだ。
ツモリチサト、バーバリー、スナオクワハラ、マーク・ジェイコブスの世界が好きだ。

誰かが創りだした世界を、観たいのだ。
身につけたいのだ。

そういうものたちは、人生を豊かに、深く、そしてとても楽しくしてくれる。

私のちいさな世界を片付けて、掃除して、たくさんのものたちに感謝する。

そうして今日は、この空間でひたすらポストカード作業。
b0240382_058177.jpg
[PR]

by yukotakada-work | 2012-03-23 23:45 | Comments(2)

今日は朝、突然夫が

“いま、山桜が綺麗らしいよ~”

と、ああそうか、春だなあ、桜は観たいなあ、ということで、
桜を観に北へ旅立つことに。

普段とは逆まわりで出発!

おにぎりと空の水筒を持って、
まずは大好きな大川の沸き水を汲み、飲んで清清しい気持ちになる。

わかめのおにぎりを食べながら、西部林道に向かって、
ケリー・ネストの音楽を聴きながら流れ去る景色をぼーっと眺めていたら、
突然、
木々の葉の一枚一枚、風にしなる枝の一本一本が、ものすごい存在感を持って私に向かってきた。
ああ、生きている。
時間の流れがスローモーションになるような、たしかな感覚。
繋がっていることを感じる。

ものすごい至福感に包まれながら森をゆっくり進んでいくと、
いつものように猿たちが日向ぼっこをしていた。
b0240382_1573391.jpg

いたわりあうその姿に何だか感動しながら、森を抜ける。

そうして、すごくひさしぶりに、永田の集落を抜け、
b0240382_2134124.jpg

これまたひさしぶりに、一湊珈琲へ。

ものすごく美味しいカプチーノを頂きながら、
お店のデッキから観える山桜に見蕩れる。
b0240382_29750.jpg


美しい里山の春。
b0240382_21832.jpg

[PR]

by yukotakada-work | 2012-03-22 23:39 | Comments(0)